アメリカ駐在生活に役立つ情報をお届けします

まるまる家族の日記

トレジョ 日常生活

【トレジョ】ふわふわ美味!シュウマイを試しました

更新日:

妻まるこです。

アメリカに来てからというもの、日本食や中華料理などのアジアンフードを食べると、落ち着くわ〜と思うことが増えました。

日本にいる時よりも気軽に美味しいアジアンフードが楽しめないのは辛い限りですが、トレジョには意外にも日本食材、アジア食材が売っています。(お豆腐、調味料、冷凍食品など)

特に冷凍食品は、簡単な調理でアジアンフードを作ることができるので、アメリカでアジアンフードが恋しくなった時にはオススメですよ!

以前、冷凍餃子の紹介をしましたが、今回は冷凍シュウマイの紹介をしたいと思います

それでは早速みてみましょう!

スポンサーリンク

PORK SHU MAI

こちらが今回紹介するPORK SHU MAI(ポークシュウマイ)です。別名、PORK DUMPRINGS(ポークダンプリングス)。餃子や小籠包、シュウマイなど、肉が皮で包んである餃子系(?)のものは「DUMPRINGS」と呼ばれます。

1袋のお値段は$2.99です。以前紹介した冷凍餃子と同じお値段です。

ちなみに、以前紹介した冷凍餃子の記事はこちら。

【トレジョ】餃子GYOZAを試しました

妻まるこです。 今日はトレジョの商品の中でも、何度もリピード買いをしていて大変お世話になっている「GYOZA POSTICKERS」を紹介します!アメリカ在住の日本人の友人に、トレジョのオススメ商品を ...

続きを見る

開けてみましょう

箱を開けると、9個のシュウマイが1袋に入っています。餃子はもっとたくさん入っているので、コスパは餃子の方が良さそうですね。

作り方は2種類( 電子レンジ or 蒸し器)

箱の側面に記載してある作り方を見ると、電子レンジか蒸し器で調理ができるようです。

やっぱり簡単!電子レンジで3分温めるだけ

電子レンジの場合は、お皿に冷凍庫から取り出したカチカチのシュウマイを配置し、ラップをかけた後に3分温めるだけ。写真はレンジでチンした後のものです。冷蔵庫にあった白菜をお皿にひいてみましたが、シュウマイだけでももちろん大丈夫です。

より美味しく作るために、お皿に配置する際に、一度シュウマイを水で『Rinseする(洗う)』と良いようです。(説明書きには本当にRinseって書いてある)要するに、水をちょっとかけてあげれば良いですね。

できあがりはこんな感じ!見た目は普通のシュウマイですね。

面倒そうな蒸し器!実は簡単に代用できました!

お次は蒸し器です。

ところでみなさんは蒸し器って持っていますか?我が家にはありません。何かを蒸す必要がある時は、ルクエ(シリコンスチーマー)を使っていましたが、シュウマイはなんだか入らなそう。

ということで、インターネットで色々調べて、お家にあるもので代用してみました。

まず用意するものは、深めのお鍋と、お鍋に入る深みのあるお皿。お鍋の中に入れるお皿は、iwakiの耐熱保存容器パック&レンジを使いました。

次に用意するのは、お鍋の蓋と、大判のフキン(布)です。今回使ったフキンは、通常のフキンの4倍の大きさを持つ、中川政七商店の花ふきんです。

まずお鍋に入れたお皿にシュウマイを並べます。せっかくなのでカットした白菜の上に置いてみました。白菜はなくても大丈夫です。

次にお鍋と、お鍋の中に入れたお皿の間にお水を入れます。お水がお皿の中に入らないように要注意!

その後コンロの火をつけて、底から小さい泡が立ち始めるまで待ちます。写真は、火をつけてしばらく経った様子です。

底から小さな泡が立ち、もうちょっとすると沸騰するかなぁ〜というところで蓋を閉めます。

この時に大事なポイント!蓋に大判のフキンをまとわせ、フキンをした状態で蓋を閉めてください。私は、蓋の持ち手の部分に輪ゴムでフキンをまとめました。

そのまま蓋をすると、蒸気が蓋につき水滴となってシュウマイに落ちてしまうため、水っぽいシュウマイになって美味しくできません。蒸気をフキンに吸収してもらいましょう。

蓋をして17分経った後の様子。グッツグツです!やけどをしないように気をつけながら、フォークをさしてみて、中心まで火が通っているか確かめます。

箱には12分スチームせよと書いてありましたが、12分ではまだ中心部が冷たかったので、プラス5分蒸しました。蒸し時間は、お鍋の大きさ等にも影響されるので、実際に作る場合は、適宜様子を見ながら試してみてください。

じゃーん!完成です。取り出す時は、やけどをしないように気をつけてください!周りは熱湯なので、かなり注意が必要です。

実際に食べた感想

電子レンジと蒸し器の出来上がりの違いは?!

左が電子レンジで調理したもの、右が蒸し器で調理したものです。なんとなく蒸し器で調理したものの方がシュウマイ自体が大きく見えませんか?

こちらは断面です。電子レンジで調理したものがお肉がぎゅっと詰まっているように見えるのに対し、蒸し器はお肉がふわっとしているような感じがします。

蒸し器の方が圧倒的にふわふわで美味しい!

実際に食べて見ると、両者の味の違いは明白でした。一口食べただけで違いがわかります。

電子レンジで調理した方は少し硬く感じましたが、蒸し器で調理した方はフワフワ。全く硬くありません。全体的にふわっとしているのは写真を見ても一目瞭然なのですが、皮のしっとり加減も全く違いました。

お味は両者共に美味しく、日本で食べるシュウマイと変わらない味が楽しめます。お肉にもしっかり味が付いているので、お醤油等をつけなくても十分美味しくいただけました。

あと1品欲しい時に便利!

温めるだけで手軽にシュウマイが食べられるのがとっっても嬉しいですね。あと1品欲しいなぁ〜って時にとても便利だと思います。

蒸し器で作った方が美味しいのは確かですが、面倒な場合は電子レンジでもOK。蒸し器で作ったものより若干味が落ちますが、それでも十分美味しく食べられます。

まとめ

今回は、冷凍シュウマイ PORK SHU MAIを紹介しました。温めるだけで日本で食べるようなシュウマイが手に入る優れものですので、まだ試したことのない方はぜひ試してみてください。

まるこの評価

味      :
手軽さ    :
サプライズ感 :
おしゃれっぽさ:
オススメ度  :
リピート購入 : 積極的にしたい

ちなみに今回紹介した2つのキッチングッズは、アメリカに来ることになり、慌てて日本で購入して持ってきたものです。(船便で荷物を運び出すまさにその日にAmazonから届いたもの達です!)

iwakiのパック&レンジは、主に作り置きおかずを保存する保存容器として使っています。透明で中身が見えるため冷蔵庫に入れていても忘れることがないし、ガラス製品なので色や匂いがうつることもなく、とても便利です。保存容器としてだけでなく、今回のように蒸し器としても使えるし、オーブンでも使えるので、本当に重宝しています。

海外ではなかなかこの手の容器が手に入らないという噂に聞いたため、日本から持ってきました。実際にアメリカに来てみると、Pyrexから似た容器が売ってたりするし、全く手に入らないというわけではなかったです。しかし、蓋がカラフルでシンプルなものが少なかったので、日本からiwakiのパック&レンジを持ってきて正解でした。

中川政七商店の花ふきんも持ってきてよかったものの1つです。アメリカで売っているフキンって、ランチョンマットかっていう位、結構地厚なものが多い印象です。その点こちらのフキンは、薄手でとってもすぐ乾く。普通のフキンと比べてかなり大判なので最初は違和感がありましたが、一旦使い始めると「なぜ今までのフキンはこんなに小さいのか!」と思うくらい、花ふきんの大きさも最高です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!トレジョのシュウマイぜひ試してみてくださいね。

よく読まれている記事

1

チョコレート大好き、妻まるこです。 今日はみんな大好きTrader Joe's(トレーダージョーズ 通称トレジョ)のオススメお菓子を紹介します!アメリカ在住の方は普段食べるおやつに、観光でアメリカに訪 ...

2

こんにちは、夫まるおです。 今回の記事は、前回の続きで、ユナイテッド航空のステータスマッチに関する第二弾です。前回は、ANAのプラチナステータスからの申請を完了したところまでで終わっていたので、その結 ...

3

妻まるこです。 子供を連れて海外で生活をする予定の方、日本から何を持っていくべきか悩んでいませんか? 私は子供が3ヶ月の時にアメリカに来て、現在11ヶ月が経とうとしているところです。 「郷に入れば郷に ...

-トレジョ, 日常生活

Copyright© まるまる家族の日記 , 2020 All Rights Reserved.