アメリカ駐在生活に役立つ情報をお届けします

まるまる家族の日記

ニューヨーク郊外 旅行

ニューヨーク州のメープルシロップファームへ見学に行きました

更新日:

こんにちは。妻まるこです。
先日ニューヨーク州の郊外(オンタリオ市)のメープルシロップファームの見学に行ってきました。

ニューヨーク州のNew York State Maple Producers Association(ニューヨーク州メープル製造者団体)に加盟している農場では、毎年春になると、メープルシロップを採っている現場を見学用に開放し、採れたてのメープルシロップをたっぷりかけたパンケーキやドーナツをふるまうイベントを開催します。このイベントは、Maple Weekend(メープルウィーケンド)と呼ばれています。出来立てほやほやのメープルシロップや、メープルシロップを使ったお菓子(綿菓子やグラノーラなど)の試食、購入もできる、とーっても素敵なイベントなのです。美味しいメープルシロップをいただけるだけではなく、メープルシロップがどのように作られているのかをわかりやすく説明したDVDを見たり、実際にメープルシロップを採取している楓の森を見たりすることで、メープルシロップの製造工程を学ぶ教育的側面もあるイベントです。

なんと!このイベントは年に4回(春のみ)のみなのです!まるこがこのイベントを知ったのは去年の秋でした。当時は季節柄、イベントはやっておらず残念な思いをしました。無類のメープルシロップ好きのまるこは、採れたてのメープルシロップが食べれるというこのイベントを、去年の秋からずーっと心待ちにしておりました。2017年は、3月18日(土)19日(日)25日(土)26日(日)がイベント開催日でした。来年の日程も既に公開されていて、2018年3月17日(土)18日(日)24日(土)25日(日)です。

スポンサーリンク

Maple Weekendへの参加方法

Maple Weekendへ参加するには、まずイベントを行っている農場を見つける必要があります。New York State Maple Producers Asocciation(ニューヨーク州メープル製造者団体)のウェブサイトでは、郵便番号や地名から、探しているエリアで、Maple Weekendを実施している農場のリストを紹介してくれます。

気になる農場が見つかったら、後は現地に行くのみです。

予約は不要なケースが多いですが、念のため農場に事前に確認をした方が良いかもしれません。今回参加させていただいたSHADOW HILL MAPLE SYRUP さんの場合は、予約不要でした。

スポンサーリンク

Maple Weekendの様子

今回はニューヨーク州オンタリオ市にあるメープルファーム(SHADOW HILL MAPLE SYRUP さん)にお伺いしました。年に4日間しか開催しないイベントだからなのか、駐車場は満車で大盛況でした。楓の幹に、楓の葉が彫刻してあるウェルカムボードがとても可愛かったです。

まずは、メープルシロップを採っている現場の見学です。楓の木にくっついているバケツにメープルシロップの原料となる樹液が溜まっている様子を見ることができました。

雪に埋もれて少し見にくいですが、写真の中央を走っているパイプが、メープルシロップの原料となる樹液を、各木々から大きなタンクに運んでいるパイプです。このパイプが森中に張り巡らされていました。

楓の森見学の次はお待ちかねの!とれたてメープルシロップかけ放題のパンパーキ朝食です。$8.00(大人1人)でパンケーキ食べ放題です。2枚ソーセージをつけると$9.50(大人1人)になります。パンケーキの他にも、ドーナツやドリンク、アイスクリームなどがあります。雪が降っていてものすごく寒い日だったので、誰がアイスクリームなんて食べるんだろう、と思っていたのですが、周りの人は結構食べていました。

じゃじゃーん。パンケーキ+ソーセージです。お皿やフォークは学園祭チックな簡易なものでしたが、そんなことは関係ない。メープルシロップがとーっても美味しかったです。パンペーキ自体は「普通」といったらあれだけど、普通に美味しい。甘さ控えめで、薄めのふわふわ生地でした。ソーセージは、マクドナルドのマックグリドルに入っているようなお肉でした。採れたてのメープルシロップは、メープルの香りが深かったです。パンケーキは最初2枚お皿に載せられていました。食べ終えると、大量のパンケーキを持ったお兄さんがやってきて、「もっといる?」と聞いてくれます。まるおとまるこは各々3枚づつ食べました。

美味しいパンケーキをいただきお腹がいっぱいになった後はお勉強です。メープルシロップが出来るまで、をビデオで見ることができます。皆さん熱心に聞いていますね。子供連れの家族も多かったです。

これはメープルシロップを煮詰める機械かな。機械については、あんまり説明がなかったので、もしかしたら全然違う機械かもしれません。

メープルシロップの試食コーナーです。色の濃さ別に、DARK、MEDIUM、LIGHTと並んでいました。また、メープルシュガー(シロップ状ではなく砂糖状)もありました。色が濃いほどメープルの香りが強いので、LIGHTになると、メープルシロップを食べているというよりは、蜂蜜を食べているような感覚になりました。試食カップに入れてくれるシロップの量が結構多かったので、普段あまり甘いものを食べないまるおは、「一生分の糖分を摂取した」と申しておりました。

壁には道具が飾ってあります。その下でメープルシロップの販売をしています。まるこはMEDIUMのメープルシロップを購入しました。

お土産物コーナーです。メープルシロップ、メープルシュガーはもちろんのこと、メープル紅茶、メープルコーヒーなどの飲み物や、メープルシロップを使った料理のレシピ本、子供向けの塗り絵なども置かれていました。

これが試食してすごく美味しかったBOURBON MAPLE SYRUP(バーボンメープルシロップ)です。お酒のバーボンが入ったメープルシロップなのですが、ちょっと大人な味で、バニラアイスクリームにかけたりすると美味しそう。とーっても気に入ったのですが、普通のメープルシロップの方が使い勝手が良さそうなので、今回は買うのをやめました。

まとめ

Maple Weekendの様子がちょっとは伝わったでしょうか。ニューヨークに春に遊びに行く機会がある方は、この時期しか体験することのできないメープルシロップファームの見学に足を伸ばしてみるのも良いかもしれません。

読んでいただきありがとうございました。

よく読まれている記事

1

チョコレート大好き、妻まるこです。 今日はみんな大好きTrader Joe's(トレーダージョーズ 通称トレジョ)のオススメお菓子を紹介します!アメリカ在住の方は普段食べるおやつに、観光でアメリカに訪 ...

2

こんにちは、夫まるおです。 今回の記事は、前回の続きで、ユナイテッド航空のステータスマッチに関する第二弾です。前回は、ANAのプラチナステータスからの申請を完了したところまでで終わっていたので、その結 ...

3

妻まるこです。 子供を連れて海外で生活をする予定の方、日本から何を持っていくべきか悩んでいませんか? 私は子供が3ヶ月の時にアメリカに来て、現在11ヶ月が経とうとしているところです。 「郷に入れば郷に ...

-ニューヨーク郊外, 旅行

Copyright© まるまる家族の日記 , 2019 All Rights Reserved.